安い輸入靴が増え、元々低下傾向にあった国産婦人靴ですが、コロナ禍によってさらなる大打撃を受け、2021年には国内生産シェアが2%まで低下することが予想されています。

しかし、日本女性の足を知り尽くし、日本女性の足をきれいに見せるノウハウを持つのは、やはり日本のメーカー。そのため、日本における靴の産地として名高い、神戸・長田のメーカーとともに開発・生産を行ないました。

国内生産が減少し続ける中でも、真摯に“国産”の靴作りを続けている工場や職人の皆さんとともに、これからも私たちは歩み続けます。

10月 05, 2021 — HosonoTomohiro