Washi FLAT

ずっと履いていたい心地よさ。
洗える和紙糸パンプス

”Makuake“で約5000%を達成したOitoのアイコンアイテムが
今春からついに本発売開始

メディア掲載情報

多方面で話題!Oitoが生み出した新感覚シューズ

日経MJ、InRED、WWD、繊研新聞、他に掲載されました。

Washi Flatの特徴

150人の女性にインタビューを重ねてわかった

現代女性に共通の足悩み

パンプス悩みありませんか?靴擦れ、いつもスニーカー、においや蒸れが気になる、フラットシューズは足がきれいに見えない、ペディキュアのはげが気になる、パンプスはメンテナンスがしづらい

靴擦れ、痛み、におい、ムレ…様々な悩みに寄り添い、女性の足もとをより自由にするために生まれたのが「Washi Flat」です。

 

「Washi Flat」の魅力

履き心地を超えた、肌心地

さまざまな足形に馴染み、靴擦れを起こしにくい

靴擦れの原因となるのが「摩擦」。「Washi Flat」は、自然とそれぞれの足の形に馴染むよう独自の設計・編み方で作られたニットパンプスのため、足と靴の間に隙間ができにくく、摩擦が起こりにくいのが特徴です。
また、足全体をふんわりと包み込む設計にすることで、より摩擦を起こしにくくしています。

履くほどに心地よい肌心地に

さらさら、とぅるん。「和紙糸」の心地いい触感

素足で履くには、肌にあたる部分の感触も大切。
素材である「和紙糸」の特性を活かし、「素足で履きたい!」と思えるような触感を目指しました。
履きはじめは、さらさらと空気を含んだようなふんわり感が心地よく、だんだんと足に馴染んで水分と油分を含んでいくにつれ、とぅるんとしたテクスチャーに変化。ずっと撫でていたくなるような気持ちよさです。履くほどに心地よく変化を続ける、自分だけの「Washi Flat」をぜひお楽しみください。

夏特有の靴悩みを緩和

素足で履いても蒸れない、さらさら感が続く

素足でパンプスを履きたいけれど、蒸れやにおいが気になる…という方は少なくないようです。
そこで「Washi Flat」では、素足でパンプスを履くことのデメリットを解消し、”あえて素足で履く“ことをおすすめすることにしました。

素材となる「和紙糸」の繊維は天然の多孔質素材。吸湿・速乾性や通気性に優れており、素足でも蒸れずさらさらの履き心地です。

インソールも本体も、丸ごと洗濯機へ

洗濯機で丸洗いOK!イージーメンテンナンス

「夏に素足で履いてほしい」と思う靴だからこそ、インソールも本体も全部洗えるようにしました。しかも、すぐ乾く素材だから、なかなか乾かないストレスや生乾きのお悩みからも解放!
汗をたくさんかいた日、汚れが気になった時、お出かけの前の日、お好きなタイミングでご自宅の洗濯機で洗っていただけます。

Hidamari Thermo Flat(ひだまりサーモフラット)が量りの上に乗っている
片足123グラム。まるで履いていないかのよう

夏のライトな装いにぴったりな“軽さ”

軽やかな夏の装いに合わせて足もとも軽くしたい!そんな時には「Washi Flat」がぴったり。 スニーカーよりもエレガントで、サンダルのようにペディキュアやかかとを気にする必要もありません。さらに和紙特有のニュアンスのある色合いと、抜け感のあるテクスチャーはコーディネートの邪魔をせず、寄り添うように上品に足もとを引き立てます。
また、見た目の軽やかさはもちろんですが、実際の重さも片足分で123gと非常に軽量。 履いていることを忘れてしまうような軽さをぜひご体感ください。

オフィスでスーツとWashi Flat漆黒を着て歩く女性
シンプルだからこそどんなコーデにも使いやすい!

どんな服装にも寄り添う、シンプルでベーシックなデザイン

「Washi Flat」は、日本人女性が「履いた時」に最も美しく見えるよう、どこから見ても美しいルックスを目指して設計しました。
そして、オフィスカジュアルからお出かけまで、さまざまなシーンにフィットするように、あえてのシンプルデザイン。シンプルだからこそ際立つカットラインが、控えめでありながらも美しく足もとを彩ります。
また、濃色から淡色までカラーバリエーションも豊富。その日のスタイルや気分によって色を選んでみるのもおすすめです。

Customer’s Voice

多くの方が驚いた、新感覚の履き心地を体感しませんか?

約1000名の方から驚きと大好評をいただいたOitoのアイコンアイテム「Washi Flat」。
平均評価は4.7点☆以上の商品レビューの一部をご紹介します。

Customer voice
【素足で大地を踏みしめている感覚】親指が一番長い形の足なので、革のパンプスはフラット/ヒールのいずれと長時間履き続けることは辛いものがありました。お洒落のために我慢をして履いていましたが、帰宅する頃には地獄の痛みに襲われていました。
ところがこのWashi flatは、可愛くて素敵なのに全く痛くならずに長時間歩き続けることができ、心底驚き感動しております。
昨日は散歩で12,000歩以上歩きましたが、足の痛みは全くない上にふくらはぎの疲労感もスニーカーの時よりも出ませんでした。
— ことり様(25cm)
【くつ下感覚のパンプス!】こんなに楽なパンプスは初めてでした。これしか履きたくないくらい気持ち良かったです。素足で触れる感覚もさらっとして蒸れず、快適でした。
— あや様(24.5cm)
【洗えるパンプス!!】白っぽいカラーは今まで汚れたら嫌なので避けていました。でも、こちらは汚れたら洗えるとのことで、ちょっとお高いけれどもお試しに…。
サイズ感は甲高幅広な私の足にはピッタリでした!
今年の夏後半は毎日のように履いて、汚れたら洗っていました。まだまだ履けそうなので大満足です。

一つ難を挙げるならばパンプスを脱ぐときに中敷きが外に滑り出してくる事が多々ある部分ぐらいかな?それを差し引いても購入する価値はあると思います!追加で違うカラーも購入したいと思いです♡
— たまきち様(23.5cm)
【他にはない魅力がいっぱい】和紙と言う素材は履いても蒸れにくいです。色は単色のように見えますが、よく見るとグラデーションがありおしゃれです。
外反母趾のためパンプスのような先が細い靴は履かなかったのですが、これは履けました。靴擦れも大丈夫そうです。
私は歩くのが好きですが、買い物で15分以上歩いた時は足が疲れました。
もう少しヒールの高い靴があれば嬉しいです。
— やんてー様(23.5cm)
【軽くてさらさら!】洗濯機で洗える靴と聞いて興味があり、手にするのを楽しみにしていました。履いてみるとさらさらで素足で履くと気持ちが良い!
パンプスなのに擦れる感じがゼロで、ついつい毎日選んでしまいます。
子どもとのちょっとした散歩にもさっと履くことができて大満足です。
— mk様(24.5cm)
【気持ちいい】裸足で履けて、キチンとした見た目の靴が欲しいと思っていました。この靴は裸足で履くとサラサラしていて、とても気持ちいいです。洗えるし、他の色も欲しいと思っています。
— 聖子様(22.5cm)
【今までで一番のお気に入りです!】これまでパンプス選びに苦労してきましたが、Washi Flatは本当にフィットして靴ズレもパカパカすることもなく、しかも裸足ですぐに履けておしゃれ!と大満足の一足です。ぺたんこすぎる靴は歩きにくいと思っていたのですが、クッションがよいのかむしろ疲れにくいので、仕事でもプライベートでも活躍してくれています。
— たまご様(23.5cm)
【足馴染みが良い】扁平足で足広の不恰好な私の足が綺麗にシュッと見えます(歓喜)!
しかも1日履いていても靴擦れが出来きないし、疲れないし、言うことなしです。
— あやこぷ様(24cm)
【軽くておしゃれ】爪先や横幅が痛い、だから履かない。
それがヒールの靴を避ける理由でした。とってもカッコいいのに、おしゃれなのに・・・
でも痛い。おしゃれは我慢というけれど、靴を脱ぐたび、明日は違う靴にしようといつも無難な靴ばかり選んでいました。
しかしこの和紙の靴は、全然痛くない!その上おしゃれ!思わず、色違いで購入してしまいました。
パンツスタイルでもスカートでもカッコよく決まる。そして長時間履いていても、足が痛くならない、ずっと履いて痛くなるような夢のような靴に出会えて嬉しいです。
— りんりんりんご様(22.5cm)
【かわいくて快適!】Washi flatを2足購入してからは、夏の間はそれしか履きませんでした。そのぐらい快適で、長時間履いても疲れにくくて、脚元がすっきり綺麗にみえるところがお気に入りです。最近は寒くて履けていないので、新製品楽しみにしています。
— sbk様(23cm)
【上品なスニーカー】とても履きやすいのは勿論の事外での作業がしやすいです。
お洒落して履くお出かけ専用の靴と認識しておりましたが車や自転車に乗って作業を多くする日に適しており、スニーカーのように動きやすいです。
— みこ様(23.5cm)
【素足で履けるのに痛くならない、形がステキなパンプス】素足で履けるのに痛くならない、形がステキなパンプスを探してました。こんなパンプスに出会ったのは初めてです。
新商品楽しみにしてます!
— あーあー様(23cm)
【足にぴったりフィットとして歩きやすいです。】私は足のサイズが24cmで、足幅がB〜Cです。市販のほとんどの靴がカポカポしてしまうため、予め質問させていただきましたところ、こちらのパンプスは少し細めで、履いているうちにフィットすると回答いただきました。実際ワンシーズン履いての感想は、細めの足にもぴったりフィットして、今のところブカつく感じはありません。足が靴の中でズレないので、疲れにくく歩きやすいです。足幅が細めの人はぜひ一度試して欲しいです。
— シバタ様(24cm)
【相棒】届いて2ヶ月弱経ちました。ほぼ毎日履いています!初めはサイズぴったりで、少し小さいかなと思いましたが今ではなじんでちょうどよくなりました。形がとてもきれいなところも気に入っていますが、なんといってもインソールの素材がさらさらで全く蒸れないところが最高です!!しかも洗えるし。仕事でストッキングを履いていると汗と蒸れで不快だったのが解消されました。インソールだけ洗うことが多いので、インソールのみの販売を切望します。あと、強いていえば、クッション性があまりないため、外を長時間歩くと疲れるので、改良されると嬉しい。これからの進化に期待しています。
— nsaya様(24.5cm)
【快適】幅広の足なので初めてや久しぶりに履く靴ではほぼ必ず痛くなったり、かかともよく靴擦れをしますが、Washi flatはそれが全くありませんでした。そして履くと幅広を感じさせず、すらっと綺麗に見えます。
また蒸れが気になるのでサンダル以外の靴を素足で履くことはまずありませんでしたが、それも気になりませんでした。
履いていくとトゥルトゥルになると商品説明にあったので、そうなるのを今から楽しみにしています。
— asa様(24cm)
【いつまでも履いていられる】黒と生成りを購入し、黒の方が馴染みが良かったです。生成りも履き続けていくうちに馴染みました。あらゆるパンプスで靴ずれを作っていたのですが、このパンプスは本当に神です。
— fumi様(24cm)
Oito on the Go

多様なシーンで使いやすい一足

シンプルなデザインだからこそ、オフィスからショッピング、お散歩まで、シーンを選ばず履いていただけます。
また、奥行きのある杢調で統一された豊富なカラーバリエーションも特徴。淡色から濃色まで、気分やお好みに合わせて選べるのも楽しみのひとつです。

Washi Flat開発秘話

インタビューをしているシーン

100人の女性へのインタビュー

「身近な人を幸せにする靴を作りたい」という想いのもと始まったプロジェクトは、まずは身近にいる女性へのインタビューをすることからスタートしました。そこから「身近な人」の繋がりがどんどんと紡がれていき、最終的には100名にも及ぶ、さまざまな年代、国籍、職業の女性へのインタビューが実現しました。
そうして見えてきたのは、女性が足に対して抱えるコンプレックスでした。「扁平足で…」「親指だけが長くて…」「幅広で甲高なんです…」。生の声が教えてくれたのは、ほぼすべての女性が靴に対して悩みを抱えているということ。
であれば、私たちが作るべきなのは「女性の自由を奪うのではなく、自信に繋がったり自然体になれたりするような靴」なのではないかと考えたことから「Washi Flat」は生まれたのです。

和紙糸のクローズアップ

和紙糸との出会い

「Washi Flat」を語るうえで欠かせないのが「和紙糸」。高性能でありながらエシカルでもある、驚きの素材と出会ったことで、Washi Flatの開発は大きく動き出しました。
履き心地を超えた“肌心地”の良い靴を、原料の糸からこだわって作りたい、そう思っていた私たちですが、ただ快適さだけを追い求めるのではなく、同時に環境への負担を考慮したものであることは絶対条件でした。そんな素材を探し求める中で運命的に出会ったのが「和紙糸」だったのです。

●通気性に優れ、さらさらの肌心地
●天然由来の抗菌防臭効果、吸湿効果を持つ
●「間伐材」を原料にしている
●過酷さで知られるウルトラマラソン用の靴下として人気を誇る、その耐久性

このような優れた特性を多く備える和紙糸が、Washi Flatをより良いものをへと進化させたのです。

工場の方たちとの写真

2年近い開発期間を経て完成

従来の靴の常識にとらわれずに、新たなものを作り出そうと生産方法を根本から見直してスタートした靴づくりでしたが、「やったことがないから」と断られ、工場探しにも苦労。そんな中で手を差し伸べてくれたのが、日本における靴の産地として名高い、神戸・長田のメーカーでした。
そして、糸業界・ニット編み工場・靴工場のプロフェッショナルたちが業界の垣根を越えて集結し、惜しみなくこのプロジェクトに力を注いでくれたのです。
新たな発想と、長年靴づくりで培ってきた経験や技術が融合し、トライ&エラーを繰り返しながらようやく21回目の試作品で納得できる出来栄えのものが完成。スタートから2年近くの開発期間を経て「Washi Flat」は完成しました。