Hidamari Thermo Loafer

¥20,570
太陽光や蛍光灯の光を熱エネルギーに変換し発熱・保温する「Thermo糸/サーモ糸」を内側に使用した、洗えるニットローファーです。スリッポン感覚で履けるのにきちんと感もあり、さまざまなシーンで活躍。付属のインソールを替えることで秋~春先まで履き続けられる、使いやすい一足です。

◇サイズ:幅狭の方は普段のパンプスと同じサイズ、その他の方は1サイズ上がおすすめ

試着しないと不安ですか?Oitoでは外で履いていただいた後でも、30日間は送料無料で返品交換いただけます。>>詳細はこちら


それでも不安な方へ:
東京オフィスで試着いただけます。

→試着予約する


素材

■ニットアッパー
表側 再生PET(ポリエステル糸)
内側 アクリル&ウール混糸

■中敷インソール①(コットン100%のボアインソール)
コットン、ポリウレタンスポンジ

■中敷インソール②(Washi インソール)
和紙糸、ポリウレタンスポンジ

■ソール
合成ゴム

〇麦/あたたかみのあるオフホワイト

〇柿/赤みの強いブラウン

サイズガイド

〇独自設計で編んだニットローファーのため、それぞれの足形に馴染み、幅広や甲高で悩む方にも窮屈感なく履いていただけるのが特徴です。

〇足の甲を覆う設計のため、普段パンプスを履く際に、ぴったりだと感じるサイズの1サイズ上を選ぶのがおすすめ。

〇細身の方や履くうちにワイズが広がってきた場合には、付属のインソールで調整することができます。

>>詳しくはこちら

メンテナンスガイド

〇本体もインソールもすべて自宅で洗濯が可能です。汗をたくさんかいた日や汚れが気になった時、お出かけの前日など、お好きなタイミングで洗濯機で洗っていただけます。

>>詳しい洗濯方法はこちら

よくある質問

Q:足が疲れるイメージのフラットシューズ。軽い=ソールも薄いなら、さらに疲れてしまうのでは?
A:スニーカー発想で、ソール・インソールの両方に高機能の衝撃吸収クッションを内蔵。足が疲れにくい設計をしています。

Q:試着をしないとサイズが合うか不安です。
A:それぞれの足の形に馴染むよう、ワイズに合わせて自然に調整される特殊な編み方を用いて設計していますが、付属のインソールでもサイズ調整が可能です。
また、お届け後に万が一サイズが合わなかった場合も、返品・交換を受け付けておりますので、ご相談ください 。

Q:ニットの靴ということは、伸びたりしませんか?
A:Oitoが考案した特殊な編み方で、足の形に馴染むよう自然に調整される設計をしています。そのため、足の形に合わせてワイズは馴染みますが、縦に伸びたり広がったりすることはありません。
また、ワイズも必要以上に伸びたり広がったりすることはありません。

Q:「Mofuton インソール」と「Washi インソール」はどう使い分けたらいいですか?
A:寒い日や冷えが気になる方は「Mofuton インソール」を、あたたかい日や「Mofuton インソール」では暑いと感じる方は「Washi インソール」を入れるなど、ご自身の足に合わせて使い分けていただくことができます。

Q:「Thermo糸/サーモ糸」は、日が沈んだあとも効果がありますか?

A:蛍光灯などの人工的な光のもとで効果を発揮します。

>>よくある質問の詳細はこちら

レビュー

全4件です。reviews レビューを書く
Hidamari Thermo Loafer(ひだまりサーモローファー)カラー:麦

機能性糸が織りなす「ひだまり」のようなあたたかさ

太陽光や蛍光灯の光などを熱エネルギーに変えて発熱・保温する独自の「Thermo糸/サーモ糸」を織り込んだ「Hidamari Thermo Loafer」は、光を浴びた後、10~15分ほどでピーク温度に達し、光を浴び続ければあたたかさをずっとキープ。晴天の野外はもちろん、薄曇りや室内でもその効果を感じることができます。

また、冬の嫌なパチパチやホコリの吸着が気にならずに安心。

そして、これら「Thermo糸/サーモ糸」の効果は半永久的。長く履き続けても失われることはありません。

Hidamari Thermo Loafer(ひだまりサーモローファー)を履いてコーヒーを持ちながらカフェにいる女性と快晴の空の下でバッグを持っている女性

秋から春先まで楽しめる、相棒のような靴

「Thermo糸/サーモ糸」を織り込んでいる「Hidamari Thermo Loafer」ですが、暑さの厳しい時季を除き、秋から春先まで履くことができます。

その秘密は付属の2種のインソールにあり! 秋冬などの寒さが気になる季節にはふわふわあったかな「Mofuton インソール」を、春先にかけてはさらさらとぅるんの「Washi インソール」を、と使い分けていただくことで自分好みにカスタマイズしながら楽しんでいただけます。

Hidamari Thermo Loafer(ひだまりサーモローファー)が量りの上に乗っている

きちんと感がありながら、さらっと履ける軽さ

すっきりしたシルエットできちんと感がありながら、まるでスリッポンのようにさっと履ける「Hidamari Thermo Loafer」。見た目にも軽やかですが、実際の重量も片足分で133gという驚きの軽さ。

そして、足の甲までカバーされていても窮屈感がなく、どこまでも歩けてしまいそうな軽快な履き心地も特徴です。

出張や遠出の日にもおすすめしたい一足です。

Hidamari Thermo Flat(ひだまりサーモフラット)のOfutonインソール(おふとんいんそーる)

まるでお布団のようなあたたかさ。コットン100%のふわふわボアインソール

Hidamariシリーズに付属する「Mofuton インソール」には、原料のコットンをきめ細やかに起毛させ、空気をたっぷりと含ませた特殊な「シール織」の技術を採用。高い保湿性とやさしい肌触りを誇り、5つ星ホテルの寝具にも多く使われている素材です。

また、コットンならではの丈夫さも特徴。洗濯はもちろん、毎日履いても毛玉ができづらく、長くはいていただけます。

ずっと触っていたくなる、ふわふわ・もこもこの肌触りをぜひお楽しみください。

Hidamari Thermo Flat(ひだまりサーモフラット)カラー:麦

さまざまな足の形に馴染み、靴擦れを起こしにくい

足のサイズが同じでも、形や幅、厚さなどは人それぞれ。「靴選びは難しい」と思っている方にこそOitoの靴を試していただきたいと考えています。

「Hidamari Thermo Loafer」は、ワイズに合わせて自然に調整される独自の設計・編み方で作られており、自然とさまざまな足形に沿って馴染み、包み込みます。

また、やさしく吸い付くようにフィットさせるとともに、かかと部分を包み込む設計にすることで、より摩擦(靴擦れ)を起こしにくくしているのも特徴です。

Oitoの木型

履いた時に最も美しく見える、シンプルで洗練されたデザイン

足の甲全体をやさしく包み込む設計のもと、正面と横からのルックスをよりシャープに細く見えるように計算し、「どこから見ても美しい」デザインに。

華奢でシャープに見せつつ、足形に合わせてワイズが適度に広がるため窮屈に見えず、絶妙に調整した捨て寸(靴を履いた時にできる、つま先から靴までの空間)によってさらに足が長く細く見える効果も。

ワンマイルからオフィスシーンまで、さまざまな場面で活躍する一足です。

Hidamari Thermo Flat(ひだまりサーモフラット)カラー:麦

「履く人のため」を追求した独自技術と素材

Oitoでは、楽しさや美しさはもちろん、快適で安全に履き続けていただける靴作りを追求しています。

1.内側など肌にあたる部分には「Thermo糸/サーモ糸」を、外側には汚れに強い「再生PET(ポリエステル糸)」を使用した二層構造で、環境へ配慮しつつ、履く人の心地よさも両立しています。

2.ソール・ヒール・インソールのすべてに衝撃吸収クッションを内蔵した「トリプルアクションクッションシステム」を採用し、長時間歩いても疲れにくい設計に。

3.高級感のあるソールは「軽量ラバー」という耐久性に優れた素材をレザー調に仕上げたもの。抜群の屈曲性で、より自由で柔軟な動作を可能にしています。

4.底面にはノンスリップ加工を施し、滑りにくさを実現しました。

Washi Flat(わしフラット)を桶で洗う

自宅で簡単に洗えるメンテナンスのしやすさ

「Hidamari Thermo Loafer」は素足でも履ける靴。あったか素材で作られているから、冬でも汗をかくことも想定しています。だからこそ、靴本体もインソールも全部洗えるようにしました。しかも乾きやすい素材だから、なかなか乾かないストレスや生乾きのお悩みからも解放。ずっと清潔に履き続けられます。

また、汚れやすいかも……と避けていた淡色にも挑戦してみるのもおすすめです。

汗をたくさんかいた日、汚れが気になった時、お出かけの前日、お好きなタイミングでご自宅の洗濯機で洗っていただけます。

※第三者機関での洗濯耐久性テスト実施済み

Ofutonインソール(おふとんいんそーる)とWashiインソール(わしいんそーる)とサイズ調整インソール

付属の高機能インソールでフィット感を調整

「Hidamari Thermo Loafer」には、片足につき 「Mofuton インソール」「Washi インソール」「サイズ調整インソール」が各1枚ずつ、両足で合計6枚のインソールが付属しています。基本的には「Mofuton インソール」もしくは「Washi インソール」を1枚入れてご使用いただくことを想定していますが、「サイズ調整インソール」を使ってサイズ感やフィット感を調整することができます。

少し緩く感じる場合は「Mofuton インソール」(もしくは「Washi インソール」)と「サイズ調整インソール」を2枚とも入れて頂き、逆の場合にはインソールを外すなど、ご自分の足に合わせてご活用ください。

一日うちでも足のサイズは変わるといわれているため、持ち歩いてその時の足の状態に合わせて調整することも可能です。

10分の試着ではわからないこと

サービスの常識も“くつ“がえしたい

FREEと描かれたトラックのイラスト
30日間は返品交換可能なことを表したイラスト

10分試着した体験と1日履いてみた体験では靴に関するイメージは大きく変わるはずです。
日常で履いていただいて納得してからご購入ください。
外で履いても30日間は返品交換を受け付けています。