New Design RELEASE

Washi Flat Series

ずっと履いていたい心地よさ、洗える和紙糸パンプス。

まる・さんかく・しかく

ふと5年前の写真を見て、見違えるほどに変わった自分に驚くことがある。
しかしそれは、ある日を境に突然変異をしたわけではない。
私たちは1日ごと、1時間ごと、1秒ごとに刻々と変化をしているのだ。

そして、髪が伸びたり、日焼けをしたりするのとは違って、
着るものや履くものは、
自分で選び、自分が反映される、意思を持った変化だ。

自信がないときにあえて活を入れるためにスーツを着たり、
映画のヒロイン気分でエレガントなワンピースをまとってみたり、
少年のような冒険心でショートパンツを履いてみたり。

着るものや履くものを変えることで、毎日の変化を楽しもう。
変化を楽しむことが、人生を楽しむコツだから。
足もとから今日の一日を選ぼう。

あえて尖ってみたり、丸くなってみたり。

さて、今日のあなたは、まる、さんかく、しかく?

150人の女性の声から誕生

「Washi Flat Series」6つの魅力

大切にしたのは、多くの女性の“生の声”。足の痛みや蒸れ、疲れなどの悩みやトラブルに寄り添い、履く人を自由にする靴を目指して作り上げたのが「Washi Flat Series」です。

和紙

さらさら、とぅるん。「和紙糸」の心地いい感触

「素足で履きたい!」と思える感触は、素材の「和紙糸」によるもの。 履きはじめは空気を含んださらさら感が心地よく、だんだんと足に馴染んでいくにつれ、とぅるんとしたテクスチャーに変化。履くほどに心地よく変化を続けていきます。

洗濯機で丸洗いOK!イージーメンテンナンス

「素足で履いてほしい」と思う靴だからこそ、本体もインソールも全部洗える仕様に。しかもすぐ乾く素材だから、生乾きのお悩みやストレスからも解放!汗をたくさんかいた日、汚れが気になった時、お好きなタイミングで選択できます。

さまざまな足形に馴染み、靴擦れを起こしにくい

「Washi Flat」は、足全体をふんわりと包み込むとともに、自然とそれぞれの足の形に馴染むよう独自の設計・編み方で作られたニットパンプスです。そのため足と靴の間に隙間ができにくく、靴擦れの原因となる摩擦が起こりにくくなっています。

素足で履いても蒸れない、さらさら感が続く

素足でパンプスを履きたいけれど、蒸れやにおいが気になる…という方は少なくないようです。そこで「Washi Flat」では、素足でパンプスを履くことのデメリットを解消し、”あえて素足で履く“ことをおすすめすることにしました。

夏のライトな装いにぴったりな“軽さ”

軽やかな夏の装いに合わせて足もとも軽くしたい!そんな時には「Washi Flat」がぴったり。見た目の軽やかさはもちろんですが、実際の重さも片足分で123gと非常に軽量。 履いていることを忘れてしまうような軽さをぜひご体感ください。

どんな服装にも寄り添う、シンプルでベーシックなデザイン

「Washi Flat」は、日本人女性が「履いた時」に最も美しく見えるよう、どこから見ても美しいルックスを目指して設計しました。シンプルだからこそ際立つカットラインが、控えめでありながらも美しく足もとを彩ります。

フェミニンな雰囲気のラウンドトゥ

Washi Flat ◯

「Washi Flat」の特性はそのままに、すっきりしたシルエットとバレエシューズのようなフェミニンな雰囲気に仕立てました。リラックスムードからきれい目コーデまで、幅広いシーンに対応するベーシックさです。

可愛らしさと大人っぽさが共存する、絶妙なシルエット

つま先を薄く、オブリーク気味(左右均等では無く、少し斜めにラインをとったフォルム)に仕上げることで華奢な印象と快適な履き心地を両立。浅めの履き込みと計算し尽くしたカッティングで、足もとをすっきり見せながら優美な印象に。

シャープな印象のポインテッドトゥ

Washi Flat △

「Washi Flat」の特性はそのままに、シャープで凛としたシルエットの中に、センシュアルな雰囲気が漂う一足です。スタイリッシュな装いからフェミニンなコーデまで、さまざまなスタイリングに寄り添います。

足を細く、長く見せる、計算されたカッティング

シャープさのあるポインテッドトゥでありながら、アーモンドのような少し膨らみのあるシルエットと短めのノーズにすることで、優し気な印象もプラス。甲のV字カッティングと浅めの履き込み口が足もとを華奢に、上品に見せます。

Oitoの原点。定番人気のアイコンパンプス

Washi Flat

その驚きの履き心地で発売以来多くの方から好評をいただいている「Washi Flat Series」の原点ともいえるニットパンプスです。伝統の木型の美しさを継承したシックでタイムレスなフォルムは、どんなシーンにもフィットします。

履いた時に最も美しく見える、シンプルで洗練されたルックス

ゆるやかなV字のカットラインが足を美しく見せ、ほんのり華奢見えを叶える一足。独自設計でワイズにあわせて適度に広がるため窮屈に見えず、絶妙に調整したスクエアオフのつま先によって、足が長く細く見える視覚効果も。

MONITOR‘S VOICE

さまざまな足で履いてみました!

“心地よさ”を大切にした「Washi Flat Series」ですが、足の形やサイズ、お悩みは十人十色。「じゃあ私には何が合うの?」を分かりやすくお伝えするため、さまざまな足でモニタリングしてみました!

※スマホでは左右スワイプで操作できます

Washi Flat ◯(わしふらっと まる)とWashi Flat △(わしふらっと さんかく)22.5cmを履いて、ともに初日の履き始めは「結構タイトだな 」というのが印象でしたが、数回(数日)履いてみて窮屈さは徐々になくなりました。歩き心地に関しては、タイト目というこということもあり、どちらもぱかぱかしたりせず足へのフィット感がありました。
見た目はどちらも使いやすい&可愛いです!コーディネートの主役ではないけど、印象を左右できる存在で頼もしい限り!
— 22.5cm / 幅広甲高 / 踵小さい
Washi Flat ◯(わしふらっと まる)23.0cmを1時間はいて圧迫感が強く・踵に靴擦れ(になる)あとが…。その後、インソール抜いて履いたら全く圧迫感がなかったので私のような足型の場合は、ワンサイズあげた方が良いのだなと思いました。
見た目はめちゃ可愛い!!特にラウンドはコンパクトにおさまり、ビッグシルエットのパンツを履いてもかわいくてバランスが良いように思います。
どちらもワンサイズあげて履いてみたいと思います。
— 23.0cm / 幅広(ワイズE)
Washi Flat ◯(わしふらっと まる)とWashi Flat △(わしふらっと さんかく)の23.5cmを履いてみて、◯は指先がタイト、指先がつまるかんじがしました。△はフィット感はありノンストレスで履ける、踵も脱げず履き心地よき!さらに△は幅広が目立たずスッキリとした印象なのが嬉しいポイント、
普段と同じサイズで大丈夫だけど、◯は0.5㎝上げても良いかもと思っています。
— 23.5cm / 幅広甲高
これまで24.5cmを履いていましたが、Oitoのパンプスと出会ってからは24.0cmでピッタリです。下ろしたての状態ではWashi Flat △(わしふらっと さんかく)が足入れ感が良かったですが、2日間履いて洗濯機で丸洗いした後ではWashi Flat ◯(わしふらっと まる)の方が足に馴染んでお気に入りです!サイズはどちらも24.0cmのいつも通りが良さそうです。
◯はシックなカジュアル感があっていろんなコーデでも合わせています!
— 24.0cm / 幅甲普通 / 扁平足
Washi Flat ◯(わしふらっと まる)は親指の窮屈感あり、外反母趾なので親指の付け根が擦れてしまいました…。Washi Flat △(わしふらっと さんかく)は指全体の窮屈感や外反母趾の当たりも気にならずでした!踵の擦れはなく、包み込んでくれて抜けることもなし。生地がすぐに柔らかくなるので、足馴染みが良い。軽い!
色が上品でニット素材がカジュアルな私にも使えそう。通気性良さそう。
◯△共にいつものサイズで大丈夫でした。
— 24.5cm / 甲薄幅広 / 踵小さい / 外反母趾
普段パンプスを履くと踵が脱げてしまうのですが、どちらのデザインも脱げにくく驚きました!!履き心地はWashi Flat △(わしふらっと さんかく)の方が締め付けがない感じがしました。どちらも幅広の足でも入るか不安でしたが、スッキリとした見た目でしっかりと足が収まり、履いた時の方が足の幅が目立たないのが嬉しい!
サイズ感はいつもと同じで良かったです。
見た目は〇が好きだけど、△の方が指の収まりが良い気がします。
— 25.0cm / 甲高幅広

Washi Flat Series

Washi Flat ◯

¥17,050(送料・税込み)

Washi Flat △

¥17,050(送料・税込み)

Washi Flat

¥17,050(送料・税込み)